国際離婚は弁護士に相談

困り顔現代は国際化が進んでいることから国際結婚をするケースは少なくありません。しかし、さまざまな事情があって国際離婚になることもあるでしょう。日本人同士の離婚でもさまざまな手続きがありますが、国際離婚となるとさらに多くの手続きがあるのです。さらに、国際離婚の場合は周囲に相談に乗ってくれる方も少ないことでしょう。国際離婚を検討している方はどうしたら良いのでしょうか。

何よりも大切なことはお互いの国の法律を確認することです。どのような国でも国際離婚に関して法律が定められています。そして、どちらの国の法律が適用されるのか確認をしてください。例えばアメリカ人のパートナーと結婚した場合、パートナーが日本に帰化していれば当然日本の法律が適用されます。そして、たとえパートナーが帰化していなかったとしても、日本に住民票を置いて生活をしているのであれば同様に日本の法律が適用されるのです。しかし、中には国際結婚をした後に別の国で生活をするケースもあるでしょう。その国で5年以上生活している場合は、その国の法律が適用されます

そして、日本の法律が適用された場合は日本で離婚の手続きを行いますが、それだけで終わりではありません。相手の国での離婚手続きも必要になるのです。さらに、相手の国で裁判所を通さなければならないこともあります。そのため、スムーズに国際離婚をするのであれば弁護士に相談をしましょう。こちらでは弁護士への相談方法などについて解説いたします。